「それはネコアレルギーやが!」(宮崎市立青島中学校:学生C)

シリーズ1:不自由, スクールコース, 編集の教室, 青島中学校

僕は、自分が住んでいる地域の野良ネコに名前をつけてご飯をあげるくらいネコが大大大好きなのに…
僕がネコアレルギーのようなものになったのは、つい最近のこと。友達と自分を含め5人でネコサロンに行ったとき優しくネコをかわいがっていると白目が赤くなってさらに鼻水、くしゃみが出てくるように…。しかしネコサロンから出ると鼻水、くしゃみが収まるので、「アレルギーかな」と少しは覚悟をしていました。
家に帰って、母にそのことを話すと「それはネコアレルギーやが!」と言われ、「やっぱりかぁ…」と少し悲しい気持ちになりました。
大好きなおばあちゃんの次に大切なものを失うくらいショックです。 
友達に次からネコサロンにさそわれないんじゃないかと、今ゾクゾクしています。
ですが、1つだけいいことがありました。
今までネコだけを好きだったのですが、ほかの動物の魅力を感じることができました。
ネコは、かまってほしい時だけしか近寄ってきませんが、犬は何時でも構ってほしい状態で近寄ってきます。そのほかにもネコにはなくて、犬にはある特徴がたくさん見えてきました。1つの魅力を見つけたことでその魅力がだんだん大きくなることがわかりました。
ですが、友達に誘われないんじゃないかと、やはりゾクゾクしています。


なぜ人ってアレルギーになるんだろう。


そう考えても、僕に分かることは少しもわかりませんでした。なぜアレルギーになるのだろうと考える毎日です。