家を買った。が、しかし?(田代圭大)

2021上半期記事, シリーズ1:不自由, 編集の教室

皆さんは、家が欲しい、家を持ちたいと思ったことはありますか?自分はありました。家を買うまでは…


楽器・曲を聞く・シャーペンを集めるなど、自分は趣味が(というか欲しい物)が沢山あります。欲しい物は、パソコンとベッドです。
もちろん、このような物を手に入れるにはお金が必要ですよね?前自分はマンションに住んでいて結構家賃も安かったのでまぁ欲しい物は買えていたんですが、(全部じゃないけど)それは家賃が安いから少し贅沢してもいいのであって、家賃がより高ければそれは余裕が無くなって生活がカツカツになります。こんな生活、ずっと過ごしていたいですよね。自分もそう思います。
しかし、残念な事に小6の頃からから家内で家を買う計画がなぜか進んでいってしまいました。それでハウスメーカーに行くたびにあたかもこれから家を建てるような打ち合わせ(内装とか)を何回も繰り返される事に…最終的には家を買うということになってしまいました。(理由書くと長くなるので書かないでおきます)
まぁ、もともとの家はボロボロで古かったので、最初は多少乗り気だったんですが、建ててからというもの、絶対に避けては通れない壁が現れます。それは、「ローン」です。マンションに住んでいる頃は、家賃が安かったので少し贅沢ができました。なので、欲しい物も大体は買えていました。しかしなんと、ローンは月々の返済がマンションの家賃より高いのです!!これはビックリ。なんせ家は高い物ですから、数千万円しますよね。例えば仮に4000千万を月10万で返すとしましょう。返済するのになんと400ヶ月、年にしておよそ34年もかかるのです!ちょっと無理がありますよね。。しかもマンションより高くて、返済金+電気代やら携帯代やら水道代やらとかかるわけです。これでね、生活がカツカツにならない家庭って相当裕福ですよね。そんなただでさえ生活がカツカツなのに、趣味にお金をかけられる訳がありません。(0ではないけど)
なので、自分は家を買って後悔しました。今何でも夢が叶えられるとしたら、小6の頃に戻って家を建てるのを猛反対する事ですかね。


でも、何でも欲しい物を全て親に頼るというのもちょっとあれですよね。なぜか自分は歳が上がるにつれて欲しい物が増えてくるので、これを考えるとかなり恐ろしいです。そんな自分ですが、最近になっては平沢進の影響でギターを買ったり、文房具Youtuberに憧れてシャーペンを買ったりしてます。まぁ最近はここまでくらいでいいと思います。(ちなみにシンセサイザーを買ったのは、平沢進が作ったバンド、P-MODELのメンバーことぶき光に憧れたためです)
でもカツカツな生活の中でこれだけ欲しい物を買えているので、ちょっとは親に感謝しないといけないですね。まだ欲しい物はありますが、欲を抑えて我慢しようと思います。シンセサイザーでも弾いておけば気は紛れるはず。(たぶん)
そろそろ自分も高校生なので、働けたら働いて自分で欲しい物を買いたいですね。そして親への感謝も忘れてはいけないですね。誰か1億円くれないかなーー