鳥の心臓の刺し身(河野メリア)

2021上半期記事, シリーズ1:不自由, 編集の教室

わたしにとっての不自由は好き嫌いが多い事です。
私はおもにねちょねちょしてたり、ねばねばしてる物が苦手です。
逆に好きな食べ物は、鳥の皮(焼き鳥、鳥のたたき)のようにコリコリしてる物が好きです。コリコリしてる物が好きな理由は自分でもよくわかりませんが多分私の好き嫌いは食感や見た目で左右されるからだと思います。
嫌いな食べ物をどうやって避けているかというと、先生や親のすきをついてこっそり減らして嫌いな食べ物を避けています。先生にはバレても少ししか言われないけど親にはバレたらブーブー言われます。ブーブー言われた時には軽く受け流しています。
だけど少し前に克服した食べ物もあります。
それは、キウイと鳥の心臓の刺し身です。
キウイは初めて食べたキウイが酸っぱくてそこからキウイがあまり好きではなくなりました。だけど周りからすすめられて食べたら普通に美味しかったのでそこからキウイが食べれるようになれました。
鳥の心臓の刺し身はたまに居酒屋にご飯を食べに行った時に親が頼んで親は美味しそうに食べているけど私からしたらなんか気持ち悪くて絶対食べられないものだと思っていました。だけどある日、家でホームパーティーを開くことになりました。その時にそのホームパーティーに参加していた1人が鳥の心臓の刺し身をもってきました。その時みんな美味しそうにほうばっていたので、私も食べてみることにしました。すると想像していたものと全然違ってビックリしました。想像していたものは、鳥の血の味がしてぐにゃぐゃの食感だと思っていたら、私好みのすごーーしコリコリした食感で、ポン酢との相性がとても良くてそこから鳥の心臓の刺し身が好きになりました。
食べ物は見た目だけじゃないんだなーと思いました。
家族やクラスのみんなと美味しい食べ物が食べれるように嫌いな食べ物を少しでも克服できるようになりたいです。