ピンクの妖精・ハラ イクミ(大渕 あおい)

編集の教室



私がインタビューさせて頂いたのはいくみんこと、原郁海さんです。
原さんは大のピンク好きということで有名ですよね!ピンクのものが非常に多く、タンブラーなども、使いはしないけどピンクが可愛いからということでお部屋の一部を見せていただいたときにも置いてありました!他にもお財布などなど…私もピンクが好きなので少し羨ましく(笑)お部屋紹介を楽しませていただきました。

さて、原さんは、実は、中学高校と陸上部に所属しており、駅伝などでも好成績を残しておられます。もともとはハードラーでしたが、駅伝チームが人員不足で長距離ブロックに入ったことがきっかけで長距離に転向されます。
私も中長距離選手をしていて、長い距離を走るのが苦手で練習も長い距離だととても嫌なのですが、「原さんに嫌だった練習内容はなんでしたか」とお尋ねしたところ、なんと、私と同じく、長い距離を踏む練習が嫌いだったそうです。「長い時は周りの子に背中を叩いてもらったりして頑張った」とおっしゃっていて、長距離の辛さや周りに励ましてもらうことにとても共感できましたし、似たような経験があってとても親近感を覚えました。2人で「わかるわかる!」と楽しく話していて、途中からインタビューより仲間だと発覚させたお話合いになっていました笑
逆に、原さんは元短距離選手なので200mなどの短めの練習はほかの人に負けない!という気持ちで頑張ったそうです。

ちなみに、冒頭でピンクの話に触れましたが、なぜピンクが好きになったのかというと、陸上から離れ、周りの子がおしゃれをしていたりするのをみて、「自分もおしゃれをしよう!」ということでおしゃれに目覚められ(?)その流れでピンク、特に柔らかい淡めのピンクが好きになった、とのこと。やはりピンクの話、とても楽しそうにお話ししてくださいました。
また、インタビュー中も終始明るく、優しく、気遣ってくださって、とても素敵な方だな、と感じました。私の拙い文章で原さんの魅力が全て伝わったとは思いませんが、少しでも皆さんに伝わっていればうれしいです。