取り戻したい、自由な時間(金田 季紗)

編集の教室, 静岡スペシャル


 海にはたくさんの船がいます。大きな船から、私が乗っているような小さな船までみんな同じ海にいます。だけど、海はすごく広くて、海のどこに行っても風がよく通ります。 

 私は、今まで父のヨットに一緒に乗せてもらっていました。でも、去年からは違います。自分のヨットを持ち、一人で乗るようになりました。乗り始めた頃は、しっかりとヨットを操縦することで精一杯でした。でも、練習を積み重ねるうちにだんだんと慣れていき、自分の気持ちも変化しました。精一杯だったのが、風を感じて、周りの景色もよく見えるようになりました。なにより、このヨットに乗っている間は自分の時間だと思えるようになりました。自分の時間というのは誰にも邪魔されず、自由な気持ちになれる時間だと私は思います。だから、次にヨットに乗るときがすごく楽しみになりました。

 中学校に入ってからは、部活があったり、定期テストがあったりなど、小学校の時より自由な時間がとれません。だから、私はこの、ヨットに乗っている自由な時間を大切にしようと思いました。でも、自分の思い通りにはいかないということに気が付きました。

 今まで、自信を持ってヨットに乗っていましたが、ある日、上手に操縦ができずにヨットから落ちてしまいました。ヨットの世界では、海に落ちることはよくあることです。でも、私にとって初めての出来事でした。この出来事があってからは、自分に自信がなくなりました。そして、ヨットに乗ることが怖くなってしまいました。

 だから、少しずつ感覚を取り戻せるように頑張っています。何回もヨットに乗って、今までのように自信を持てるようになりたいです。そして、怖さをなくして、胸を張って”ヨットが好きだ”と言えるようになりたいです。なにより、自分の自由な気持ちになれる時間を取り戻したいです。