担い手不足で存続の危機にある地方の「祭り」と、そういった地域文化への関わり方がわからない若者や外国人を繋ぐマツリテーター。

面白人プロフィール

面白人:大原学さん

1983年神奈川県南足柄市生まれ。
中高はバレーボールに打ち込み、チームの「雰囲気づくり」や「一体感」の重要性に気づく。
大学に入学したものの、新しい環境に適応できず人生のドン底状態に。そんな時に祭りに出会い、あるがままを受け入れてもらったことをきっかけに、諦めかけていた社会との接点を見出す。社会人での地方生活を通じて、地域に根付いた祭りの可能性を体感。
日本GE株式会社、NPO法人クロスフィールズでの勤務を経て、2016年に一般社団法人マツリズムを設立。祭参加ツーリズムの企画運営を12地域で計50回開催、のべ500人以上が参加した他、祭の課題解決のためのワークショップや動画制作も行っている。