『戦争には2つの文化があり、両方とも大切』と語る、被爆3世。

面白人プロフィール

面白人:住岡健太さん

NPO法人Peace Culture Village 専務理事
ひろしま観光大使

広島市出身の被爆3世。
幼少期から祖母の被爆体験を聞き育ち
「平和とは何か?」が人生のテーマとなる。
学生時代へのアメリカ留学、アジアへの一人旅を通して、故郷“HIROSHIMA”の世界においての役割を学ぶ。
25歳で起業し第6回居酒屋甲子園で準優勝。
ビジネスプロデューサーとして活動し、2019年に平和記念資料館の元理事長のスティーブン・リーパーが設立したNPO法人Peace Culture Villageに参画。

現在は、平和公園内での有料ツアー、修学旅行生への平和学習プログラムを提供している。